住みたい街ランキング1位の横浜!子育て世代にはどう?制度は整ってない?【住んでみた感想】

こんにちは!横浜に住んで5年目。2人の子どもを育てているKIRIKOです!

もくじ

住みたい街(駅)ランキング4年連続1位の「横浜」!

リクルートの住宅情報サイト「SUUMO」が毎年行っている”住みたい街ランキング”調査。

 関東圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している20歳~49歳の7000人を対象に実施したアンケート調査です。

毎年4月に公表しているこちらの調査で、2021年度関東版1位は、2018年以降4年連続で「横浜」となりました。

年々2位との得点差も開いており、今年は約1.5倍の点数で1位を獲得。その人気はダントツと言っていいでしょう。

横浜の魅力は〇〇!

どんな人でも住みやすい横浜

横浜の素晴らしい点は「単身世帯」「夫婦のみの世帯」「子連れ世帯」と比較しても、「年代」で比較しても大きな差は出ていないところ。

アンケートの各項目で1位を獲得。これはすごいことです。全体2位の「恵比寿」は「婦のみ世帯の住みたい街(駅)ランキング」では5位、「夫婦+子ども世帯の住みたい街(駅)ランキング」では3位とばらつきがありました。

そんな中、「横浜」はどの項目でも高得点。まり「どんな人でも住みやすい街(駅)」といえるのです。

圧倒的人気を誇る横浜の魅力は何から来ているのでしょうか。

実際に横浜に住んでいる筆者が考察してみました。

魅力①交通網

横浜駅はJR東海道線、横須賀線、湘南新宿ライン、京浜東北線・根岸線、横浜線、東急東横線、京急本線、相鉄線、みなとみらい線、横浜市営地下鉄ブルーラインと計10路線が乗り入れています

これは全国的にみてもトップクラス。乗り入れ路線数だけをみたら渋谷駅を抜いています。

都内へのアクセスも便利で、東京駅まで東海道線で4駅30分足らずで行くことができます。

逆に休日を楽しむ為の有名観光地である江ノ島・鎌倉エリアや熱海まで電車で1本で行くことができます。

交通網の発達=利便性の高さとも言えます。その点が人気の一つとなっているのでしょう。

魅力②駅周辺の発展

横浜駅周辺の発展がとまりません。

”日本のサグラダ・ファミリア”と呼ばれていた横浜駅も長年の改装工事を経て2020年に完成しました。あたらしくニュウマンもでき、キレイな駅に生まれ変わりましたね!

横浜駅近くには”みなとみらい21地区”と呼ばれている再開発が行われている区画があり、今現在もオフィスビルや商業施設の建設が進んでいます。

ショッピング、飲食、映画、アミューズメント、病院、スーパーが全て横浜駅周辺にあるため、生活に困る事はありません。友人と会う事以外で横浜から出ることが無くなりました!

毎週末横浜で過ごしていても飽きることがないほど、様々なスポットがあり便利で刺激的な横浜ライフを送ることができあます。

一昔前は横浜駅といえば飲み屋街のイメージも強かったが、年々開発が進んだことで、きれいで誰もが住みやすい街に日々近づいて来ています。

魅力③閑静な居住エリア

横浜に来たことある人からすると、横浜駅はショッピングモールが立ち並ぶ駅で住宅街のイメージはないでしょう。

実際に西口には髙島屋、JOINUS、モアーズなどの大型ショッピングモールがあり、ちょっと歩くと飲食店で埋め尽くされています。東口もそごう、スカイビル、ポルタなどにショッピングモールに加え、最近では”裏横”とよばれる飲み屋も増えてきました。

居酒屋も多いため、住むには不向きな街なのでは?と思う人も多いかもしれません。

しかし、実際には飲み屋街を抜けると閑静な住宅街が広がっておりとても住みやすいエリアになっています。横浜駅周辺の居住エリアとしては「岡野」「ポートサイド」「平沼」「みなとみらい」に分けられるでしょう。

「岡野」「平沼」は少し歩くが、平坦な道のみなので負担は少なく、昔からある商店街などもあるため活気があり過ごしやすい地区です

。また「ポートサイド」「みなとみらい」エリアは最近建てられたキレイな高層マンションが立ち並んでおり、横浜の景色とオーシャンビューを見渡せる絶景マンションです。高層マンションが立ち並んでいるエリアはとくに、飲み屋もないため本当に閑静で、子育て世代にも人気のエリアとなっています。

子育て世代から見た横浜は?

子ども向け施設が充実

横浜にはこども向け施設がたくさんあります。「アンパンマンミュージアム」「アソビル」「ベイクウォーター」などは特に人気ですね!みなとみらいまで足を伸ばせば、更に子どもが楽しめるスポットは広がります。

有料施設ばかりでなく、公園も多数あり横浜駅から歩いて行ける場所もいくつもあります。

さらに再開発地区なので、バリアフリーが完備されており大体の施設には授乳室やこどもトイレが設置されています。歩道も幅広く設計されているため、私はベビーカーで横浜・みなとみらいエリアを移動して困ることはほとんどありませんでした。

その点はすごくありがたく、安心してお出かけすることができます。

ファミリーマンションが少ない

子連れファミリーで横浜駅周辺に住もうと思った時、まず立ちはだかるのがマンションの壁です。

子ども2人を連れて引っ越そうと思ったとき、家の間取りはどのようにしますか?多くの人が3LDK 以上を希望すると思います。しかしそのような物件は少なく、あったとしてもとても人気の為高額です。

多くの物件が2LDK以下のマンションです。これだと子どもが居ると手狭ですよね。

1,500万以上の世帯年収がないときっと駅チカに住むのは厳しいと思います。(完全にKIRIKOの意見です。)一般的なサラリーマン共働き世帯で横浜駅周辺に住む場合には徒歩15以上を覚悟する必要があるでしょう。

保育園に空きが無い

マンションが見つかった!となっても次の問題があります。

保育園の空きがないということです。横浜は「待機児童ゼロ」を公言していますが、実際には「保留児童」と呼ばれる子どもたちがいます。保留児童とは保育所に入所を希望していて、入所要件にも該当しているけれど、入所できていない子どものことを指します。実質変わりはありません。

横浜駅のある西区は、横浜市全体からみると保育園に入園しやすい地域と言われています。しかし、実際は途中入園での空きはほとんどでません。学年が変わる4月入園の際に少しの隙間に滑り込めるかどうかです。

基本的に世帯収入の高い人達が住んでいる地域なので、所得面でみると他の地域より滑り込む余地はあるかも知れませんが、保育園の枠が潤沢なわけではないので注意してください。

最近では認可外保育園も増えてきましたが、交通の便が魅力の地域なので他の地域からも希望者が居るため入園することは難しいです。

共働き子連れ世帯で横浜駅周辺に移住を検討している人は、まず保育園問題を解決してから引っ越しを決めたほうがいいでしょう。おそらくシングル世帯などの理由がない場合、0歳児入園を逃すと入園は難しいと思ったほうがいいです。

子育て支援が充実しているとは言えない(子育て世代2位「吉祥寺駅」比較)

横浜市は子育てしやすい地域ですが、行政面からみた時には子育てしやすい地域とは言えません。子育てサポートなどは色々と用意がありますが、助成関係はほとんどないです。

今年の子育て世代が選んだ住みたい街(駅)ランキング2位の「吉祥寺駅(東京都武蔵野市)」と比較してみましょう。

小児医療費助成制度

医療費控除は子育て世代からしたら大きな差です。こちらのありなしで、子供の医療保険の有無も変わってきます。

横浜市:医療費免除は2歳まで。3歳以上は所得制限あり。

武蔵野市:中学校修了前までの児童が病院等で診療を受けた医療費のうち、保険診療の自己負担分を助成。(医療費負担ゼロ)令和3年4月より高校生も対象に。

保育園における保育料の助成

3歳以上の認可保育園はは無料化されましたが、0〜3歳になるまでは所得によって負担額が変わります。

そちらについても自治体によって支援に差があります。

横浜市:3~5歳児クラスの幼稚園・認可外保育施設は月額37,000円を上限として利用料を無償化。

武蔵野市:3~5歳児クラスの幼稚園・認可外保育施設は月額37,000円を上限として利用料を無償化。0〜2歳の認可外保育施設利用者に対し、認可外保育園との差額保育料を助成。(階層別の上限額あり。最大45,000 円)

学校給食

こちらは横浜市は悪評で有名ですね(笑)。

横浜市:小学校まで。中学校給食なし。

武蔵野市:中学校まで給食あり。

まとめ〜横浜駅で子育てするならお金がかかる!〜

いかがでしたでしょうか。

横浜駅周辺は住んだら都なのは間違いありません。生活に必要なものは何でも揃い、流行りに敏感でショップも頻繁に入れ替わります。アミューズメント施設も増え、暮らしていて飽きることはありません。

子育ても横浜駅周辺で出来たら幸せでしょう。教育関係も充実しているので習い事で困ることもありません。

しかしなんと言ってもお金がかかります。マンション価格も物価も高く、子育て支援も充実しているとは言えません。

一般企業に務めるサラリーマン家庭では横浜駅周辺に住んだとしても思いっきり楽しめないでしょう。節約必須でせっかくの横浜の良さを体感出来ません。

子育てのしやすさで選ぶのであれば、横浜駅から離れて保土ケ谷や戸塚、鶴見などが人気です。いっそのこと横浜市から離れたほうが子育てしやすいかも知れません。

横浜駅周辺で子育てするのであれば、「お金がかかる」ということを念頭においておきましょう。しかし、その分楽しい毎日が過ごせると思います。一度検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

横浜在住の主婦です。子供2人とよく横浜・みなとみらい地区をブラブラしています。引っ越してきて横浜が大好きになりました。ぜひ多くの人に横浜に来てほしい!と考え、blogで発信しています。皆様にとって有益な情報が発信できるように頑張りますので宜しくお願いします♪

もくじ
閉じる