【2歳児&0歳児】お出かけする時のスタイル!リュックorトート??

こんにちは!元気な男の子を2人育てているKIROKOです。

みなさんお出かけの時のカバンには何を入れていますか?あれもこれも…と入れているといつの間にかパンパンに!なんてことありませんか?

私はいつもそうで、特に1人目が赤ちゃんの時は何かと心配になりいつも重たい荷物をもっていました。

2人目が産まれるとそうも言っていられず…。試行錯誤の上、最低限の荷物でお出かけするように!

そんな私のリアルなおでかけスタイルを大公開!

もくじ

普段の移動スタイル

普段の移動手段はベビーカー

横浜市在住5年目のワタシ。移動はもっぱら電車+徒歩です。自宅は駅からちょっと離れていますが、あまりバスは利用しません。そのため基本的にベビーカーでおでかけしています。

そのため、子ども2人をひとりで連れて出る時は「0歳児:抱っこ 2歳児:ベビーカー」or「0歳児:ベビーカー 2歳児:手つなぎ徒歩」になります。

特に今は”歩きたい欲MAXの2歳児”と”外の様子が気になる0歳児”へと成長しているので基本的に後者のスタイルが多いです。ありがたいことに長男は歩くのが大好きなので、ずっと歩いていられます!

そんな私は両手が開くのは必須条件です。2人分の荷物を持つのも大切ですが、2人から目と手を離さない方が大切です。そのため、1人で出かける時は割り切って荷物を大幅削減しています!

近所の公園めぐりは自転車で

2人いる時はベビーカー移動が多いですが、近所の公園へ行くときは自転車を使うことも増えてきました。

まだ次男は0歳なので椅子に座らせる事は出来ません。そのため、「おんぶ+自転車」で移動しています。

kiriko

子どもを”抱っこ”して自転車に乗るのは交通ルール違反なので注意してください!

公園スタイルはいつもの荷物+お砂場グッズを持っていかなければならないので更に荷物を削減。

自転車だとすぐ帰宅できるので、お着替えやおむつの替えも持っていきません!

タオルやティッシュ、それに飲み物くらいの荷物量でお出かけしています。

使っているマザーズバックは?トートバック?それともリュック?

人気のマザーズバックは”トートバック”と”リュック”の2強!

どちらのスタイルが良いか悩みますよね。私はどちらも購入し、今も使っています。

実際に体験してみたメリットとデメリットをまとめたのでぜひ参考にしてください!

トートバックのメリットとデメリット

■メリット

・気軽に荷物を取り出すことが出来る

・サイズが豊富で荷物の量によって大きさを調整できる

・まる洗できるものが多い

・抱っこ紐との相性がいい

・マザーズバックとして開発された商品も多い

■デメリット

・肩からずり落ちる(特に子どもと手を繋ぐ時)

・片側の肩に負担が偏る

・紐が長いとベビーカーにかけてもひきづる

リュックのメリット・デメリット

■メリット

・両手が自由になる

・重い荷物も持ちやすい

■デメリット

・意外に荷物が入らないことが多い

・一度荷物を降ろさないとモノを取り出せない

・抱っこ紐と合わせて使うと幅が出来て、身動きが取りづらい

・ベビーカーにかけづらい

実際に使うのはトートとリュックどっちだった?

首がすわるまではトートバック多め!

出産後、最初に買ったマザーズバックはトートバックです。首の安定していない時期のお出かけはだっこすることが多かったからです。

「抱っこ紐+リュック=動きづらさMAX」でおすすめしません。この時期にはトートバックが良いでしょう。

そして何より”モノが出しやすい”ところが使いやすかったです。まだ育児にもなれない時期なので、予期しないトラブルが次々おこります。

オムツ替えの頻度が多かったり、急に吐き戻したり…。何が起こるか分からないからこそ、スムーズに対応できるトートバックが大活躍しました!

今はリュック+トートバックの二刀流!

今はベビーカーで移動するときも自転車で移動するときもリュック+トートバックの二刀流です。

着替えや、替えのおむつ等はリュックに入れて、使用時に緊急性の高いタオルやお菓子などを小さなトートバックに入れてベビーカーにかけています。そして大きめトートに抱っこ紐を入れてこちらもベビーカーにかけています。

【画像】

貴重品は身体から離れないように小さめのウエストポーチやショルダーバックで持ち歩いています。

携帯はすぐに確認できるようカバンに引っ掛けています(笑)これおすすめです!

やっぱりママバックに特化した商品の方がいい?

子どもを持つまで知りませんでいたが、ママバックと言われるような”ママに特化したバック”が多数存在します。

子育てママにとってありがたい機能がたくさんあります。

しかしママ歴3年の私は改めてマザーズバック専用のものを買う必要はないかな…と思います。マザーズバック特化商品には哺乳瓶ポケットなどがついていますが、これを使うのは一時的です。ポケットがあるという事はその分生地の量が増え、重くなっているとも考えられます。

月齢によって持ち物も変わるので、ポケットが多いから使いやすいとも限らないのです。

それよりもバックの中を整理できるポーチを用意した方がいいかな?っと思いました!

有名なのがオムツポーチですが、その他に「おもちゃ・着替え・おやつ・お食事セット・ゴミ袋」など私は今でもそれぞれポーチにいれてからバックに入れています!

そうするとおでかけの内容によって簡単に荷物をカスタマイズでき、カバンの中が乱れてしまっても一目で何がどこにある分かります。

kiriko

旦那にお願いするときも「ピンクのポーチとって!」と言えばわかりやすく、手間も省けます。

ちょっと良いママリュックを買うなら、無印良品の3千円で買えるリュックをおすすめします!

そもそもが軽いリュックですが、荷物をパンパンに詰めても肩の負担を軽減してくれるのでそれほど重さを感じません。とても使いやすく、愛用しています!

まとめ〜リュック+トートで臨機応変に〜

いかがでしたでしょうか?

どのスタイルが良いのかは、個人差があると思います。

移動手段がバスを使ったり、車を使ったりすると前提が違ってくるので私のケースは当てはまらないでしょう。

しかしメーカー問わずリュックと大きめトートバックがあれば、問題は無いと思います。

これから出産を控えてる…という方はまずはトートバックを用意してみてください。慣れないおでかけの時は”動き安さよりも荷物の出しやすさ”を重視したほうが間違いありません。

おでかけに慣れてきて、子どもも動き始めたら自然とリュックに移行すると思います!

臨機応変に対応して、ぜひおでかけを楽しんでください♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

横浜在住の主婦です。子供2人とよく横浜・みなとみらい地区をブラブラしています。引っ越してきて横浜が大好きになりました。ぜひ多くの人に横浜に来てほしい!と考え、blogで発信しています。皆様にとって有益な情報が発信できるように頑張りますので宜しくお願いします♪

もくじ
閉じる