【体験談】産後の外食はいつから?kirikoは検診後に初外食しました!

赤ちゃんを産んでからの外食って気をつける事だらけ。

いつから外食できるのでしょうか。外食したいけど踏ん切りがつかない!

どんな失敗があるの?という方に私の体験談を交えて今回は記事にしたいと思います。

もくじ

産後はいつから外食できるのか。

まずは一般的にいつから外食ができるのかをまとめたいと思います。

もちろん外食できるようになるタイミングには個人差があります。一概に”いつ”ということは明言できません。

では何を基準に”いつから”を見極めればいいのか。そのヒントになる事を挙げてみようと思います。

母体がしっかりと回復してから

まずはお母さんの体調面です。

産後は言わずもがな出産で体がボロボロでです。退院直後はまだ会陰切開の後が痛みまともに座ることができません。私はドーナツクッションがないと座ることもできませんでした。

そんな状態で外食ってありえないですよね?

産後の1ヶ月検診でお医者さんからOKが出るまでは外食というか必要最低限の外出以外は控えるべきでしょう。

1ヶ月以降でもまだ悪露が止まってない。体に痛みが残っているという場合は無理は禁物です。

しっかり体調が回復し、体力が戻ってから外食するのがいいと思います。

赤ちゃんが元気に発育してから

産後まもない赤ちゃんは免疫力が低く体が弱いため、外出は控えるべきだと言われています。

赤ちゃんが体調を崩す原因となるのは風邪などのウイルスだけではありません。ちょっとした気温の変化や外出による疲れなども体調を崩す原因となります。

出産経験のある方ならご存知だと思いますが、特に新生児はミルクを沢山飲んで体重を増やし、体力をつけてもらうのが赤ちゃんの役目です。

家でゆっくり過ごしているのにも関わらず疲れて寝てばかり。起こしてもミルクを飲んでくれない事もある程、疲れやすい赤ちゃん。そんな小さな赤ちゃんに無理はさせられません。

こちらも目安となるのは最低でも1カ月検診です。ここで発育の状態を見てもらいOKが出たら後は親の判断によるところになります。

授乳間隔が落ち着き、外気にも慣らして生後3ヶ月くらいになってくる頃には、外食を楽しめる余裕がでてくるかもしれません。

とりあえず外でササッとる食事なら生後1ヶ月以降

楽しむことを目的とした外食なら首が座る頃の生後3ヶ月以降が良いのではないかと個人的には思っています。

外食する場所や滞在時間によってタイミングは異なって来るのでしっかり見極めて判断するのがいいでしょう。

kirikoの初外食はいつだったの??

ここからは筆者kirikoの体験談をご紹介したいと思います!

はじめては1ヶ月検診(ササッと食事)

結論から言うと私が子連れで外食したのは1ヶ月検診の日でした。生後1ヶ月の時です。

正直に言うとその日は外食をする気は有りませんでした。しかし検診が終わったのが午後2時でお腹がペコペコに。

産院は自宅から電車で30分以上かかる場所にあった為、この状態で帰宅するとお昼を食べずに夕方になってしまう…ということで仕方なく最寄りのデパートで食事にすることにしたんです。

無事に検診をパスした安心感と初めての子連れ外出で正直ヘロヘロでした。

外で食事をする事による赤ちゃんへの負担も気になったので、素早く食べられそうなお店へ入って急いで食べて帰りました。懐かしいです…。

完母だった事もあり、ご飯を食べないと母乳の出も悪くなって悪循環だったのでご飯を食べれてホッとしたのを覚えています。

外食が無くても初めての外出だったので、赤ちゃんは疲れてそうだったので帰宅後は授乳をしてすぐに就寝。わたしも一緒に寝てました。

あの時の外食は後悔はありませんが、赤ちゃんの事が心配で心配で…(笑)

検診などで外出するときも、外食をする可能性を考えて準備しておくことをおすすめします。特に慣れないうちは備えれば患いなしです!

次の外食はお食い初め!

そして次にした外食は100日祝いとも言われるお食い初めです。

両親を招待して行うのに家では手狭だった為、店舗で行いました。その時が初めての”楽しむ外食”です。

時期が冬だったので、暖かくなるのを待ってから行いました。そのため、実施したのは生後4ヶ月ごろだったと思います。

この頃には起きている時間も増えて、首も座っていた為安心して食事を楽しむことができました。

お食い初め膳を提供しているお店だったので、赤ちゃんが過ごしやすいようにバウンサーも用意されていのも安心して過ごせた理由かもしれません。

それ以降は少しずつ外食する機会が増えて生後6ヶ月くらいには赤ちゃんも親も外食することに不安は感じなくなり、だいたいのお店で楽しめるようになりました!

kiriko

子連れ外食の一番の不安は予測不能なことが起きる事です。
もちろん失敗もありますが、外食を重ねるとだんだん慣れてきますよ!

家族や友人からのお祝いはお家でさせてもらう

子どもが産まれると「赤ちゃんを見に行きたい!」「お祝いをさせて!」とご家族や友人から声がかかる事が増えると思います。

独身の時は”互いの中間地点で…”となっていたかもしれませんが、子どもが小さいうちは自宅に来てもらうようにしましょう。

子どもに慣れていない人が相手の場合は子連れ外食の何が大変なのか想像できないことが多いです。

お家をお掃除する事も大変かもしれませんが、持ち歩く荷物も多く、頻繁に授乳が必要な赤ちゃんを連れての外出はもっと大変です。

自宅に招くことが難しい場合は、せめてご自身が使い慣れている駅やお店にしてもらうようお願いしてみましょう。

きっと訳を話せば不満を言う人はいないと思います。

kiriko

同時期に産まれた赤ちゃん同士で遊ぶ…なんてお誘いもありますが、
家族での外出に慣れてからにしましょう!
慣れないと上手くいかないことだらけで疲れてしまいますよ!

まとめ

産後いつから外食できるかイメージはわきましたか??

正直個人差がとても大きいと思います。私の息子は産まれて半年程はあまり泣かなかったので外出しやすかったのかも…と今では思います。

家では泣いていても外出すると雰囲気が違って周りに興味津津になり、いつもより静かになる…というのは次男です。きっとその逆で外出すると場所見知りをして泣いてしまう子もいるでしょう。

ちょっとずつ外出時間を伸ばしてみて、万全の準備をして外食デビューすると良いかもしれません。

個人的におすすめなのはまずはフードコートで試してみることです。どんなに泣かれてしまっても周囲も子連ればかりなのであまり気疲れしませんよ♪

ぜひ色々対策をして楽しい外食タイムを満喫してください!

子連れ外食に関するおすすめ記事はこちらです。

Treat My Selfe
子連れ外食って実はめんどくさい!何ための外食なのか… | Treat My Selfe 「今日は疲れたしめんどくさいから外食にしない?」って子連れの場合はその外食が一番面倒くさいから…!と思ったことがあるママは多いのでしょうか。 私も一時期外食が面倒...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

横浜在住の主婦です。子供2人とよく横浜・みなとみらい地区をブラブラしています。引っ越してきて横浜が大好きになりました。ぜひ多くの人に横浜に来てほしい!と考え、blogで発信しています。皆様にとって有益な情報が発信できるように頑張りますので宜しくお願いします♪

もくじ
閉じる