妊娠がわかったらまず暗髪にすべし!これが正解だった妊婦ヘア。

こんにちは。2児の母、kirikoです。

今回の記事はタイトル通りですが、妊娠中、産前産後のヘアスタイルについてです。ほとんどの妊婦さんがヘアスタイルについて一度は気になって調べたのではないでしょうか。多くのサイトでおすすめのヘアスタイルを紹介しています。ただ色々ありすぎて結局どれがいいの??とわからなくなった人もいるのではないでしょうか。

ご安心ください!

第一子のときに失敗し、第二子ではその教訓を生かして成功したKIRIKO的”正解ヘア”をご紹介します。多分どんな髪質の人でも問題ない髪型なので迷ったらこの髪型にチャレンジしてみてください。

きっと子育てライフを楽しめると思います!

もくじ

kirikoの髪質はこんな髪

まずは私の髪質をご紹介しましょう。

細毛でくせ毛で天然パーマな気質あり。今はだいぶ落ち着いて来ましたが、幼少期はくるくるの天然パーマでした。それでもアイロンせずに外出する事できない…というレベルです。

kiriko

細くて痛みやすく自由奔放な髪の毛…。平時でも髪型の悩みは尽きません。

産後を見据えた妊婦ヘアとは?

妊娠したその時から考えるのは産後の生活です。なぜなら想像よりも自由が効かず、想像よりも大変な出来事が多いからです。

なのに悲しいのは写真を取る機会が多いという事…。お七夜から始まり、お宮参り、お食い初めなど実際に人に預けて美容院へ行けるまでに子供のイベントが盛りだくさんです。

私は一人目のときには失敗ヘアだったので散々な写真が多く、あまり見返したくありません。結局自分の映る写真が好きになれず、子供と旦那の2ショットばかりになってしまいました。

そこでお伝えしたいのが、産後の生活をリアルに想像してみるということです。

産後はどんな生活をおくることになるのか。

出産後、どんな生活をおくるようになるのか調べてみましたか?ここでは簡単にまとめたいと思います。完全に私の持論ですが、参考にしてみてください。

  • 常時睡眠不足
  • 赤ちゃんが起きている間は何かと忙しい
  • 外出するときは常に赤ちゃんと一緒
  • 長時間の外出は忙しい
  • 産後のメンタルは常に乱高下
  • 自分が生きる事と赤ちゃんを生かすことで精一杯

第一子はすでに3歳になりますが、まだ手がかかるのでお風呂の時間はいつも戦いです。目を離せないのでシャンプーも出産前に比べて雑になりました。

泡を流している数十秒の間、目をつぶっている事になるので全神経を耳に集中させ、子供に異変がないか気にしています。(私は心配性なので、私が泡を流している間は大きな声で歌を歌ってもらっています…。)

お風呂上がりはもちろん戦場。髪の毛のケアは後回しで、かろうじてスキンケアを終える毎日です。

髪の毛のケアはほぼできないと言っても過言ではありません。しかも産後美容室に行ける頻度もめっきり減りました。旦那に子供を預けるか、託児施設に子供を預けるかしないと美容室に行けないからです。自分都合で行動できなくなります。

だから産後ヘアはできる限り手のかからないヘアスタイルにするのが正解ヘアなのです。

kiriko

ちなみに…横浜には保育施設が併設されている美容院があります♪

あわせて読みたい
無料託児サービス付き美容院でママもキレイに!【Neolive aim】 出産後は髪の毛に関するトラブルは多発するのになかなか美容院へ行けない…そんなことを前回は記事にしました。 周囲の人を頼らないと美容院へ行けないとなると、頻繁に...

kiriko的正解産後ヘアとは。

完全に私の持論ですが、絶対におすすめしたいヘアスタイルをご紹介します。迷っているのであれば、ぜひこの髪型にしてください!!

妊娠がわかった時点で暗髪へ。

まず私がおすすめしたいのが、妊娠発覚後すぐに暗髪へ移行することです。

妊娠中は何が起こるかわかりません。妊娠に気づくきっかけが”つわり”という人も多いと思います。この”つわり”は初期で終わるとは限りません。出産が終わるまでつわりが続く人もいます。

そうなると出産するまで美容室にはいけませんし、自分で染めるなどの対応もできなくなります。

まずは妊娠がわかり体調が許すのであれば、すぐに暗髪にすることを強くおすすめします。暗髪にするのが難しい場合はグラデーションカラーにする等して生え際が目立たいカラーにすると良いでしょう。

前髪は伸ばすのがおすすめ。

前髪に関しては向き不向きがあるので強くは勧めませんが、伸ばすのがいいと思います。授乳などの赤ちゃんの世話は常に下を向いています。1

1人目を出産した時は前髪が目にかかっていると邪魔でイライラしてしまいいつもピンで止めてましたが、前髪に癖がついて外出するのが億劫になってしましました。(これは精神衛生上良くないです!できる限り気軽に外出できる格好でいたほうがいいと思います!)

子供が生まれると前述した通り自分にかけられる時間は極端に減ります。私はメイクをする時間すら取れないことがほとんどです。できる限り簡単にセットすることが最優先になります。

短い前髪と長い前髪どちらがセットしやすいですか?(最低限のセットです。)

私は前髪を伸ばして、トップで結び、帽子をかぶるのが鉄板スタイルでした。コテを使うのがハードルが高くいつも挫折していたので、第二子のときには妊娠発覚直後から前髪を伸ばしはじめ、出産時にはオールバックで結べる長さまで伸ばしました。

kiriko

メイクする時間が取れなくて旦那と喧嘩するのはあるあるらしいです。

出産予定日が近づいてきたらばっさりカット。

さぁ、出産が近づいてきたら今後手入れが最小ですむ髪型にするのが良いでしょう。

それはもちろん切りっぱなしボブです。ギリギリしばれるくらいの長さに切ってしましましょう。

出産ギリギリに美容院に行くと体に負担がかかるので、安定期までに美容院に行くことを推奨されています。つまり、出産予定日の2ヶ月前です。産後1ヶ月は産褥期で安静、余裕を持って長時間の外出ができるようになるのは産後2ヶ月以降と思っていてください。

つまり4ヶ月は美容院にいけません。その旨を美容師さんに伝え、メンテナンスが少なくて済むボブにしてもらってください。このときには黒髪、前髪ロング、切りっぱなしボブの髪型になっていると思います。

体調次第で縮毛矯正をかけると手入れがぐっと楽に。

私のように必ずブローやアイロンを使う人は思い切って縮毛矯正をかけてみてください。手入れがぐっと楽になりますよ。コテなどで巻きにくくなりますが、寝癖などはほとんどつきません!

ただ施術は長時間座っていないといけないので注意してください。体に負担がかかります。無理をせず途中でストレッチを入れるなど工夫しながら施術してもらってください。

私も妊娠8ヶ月の時に縮毛矯正をかけました!

kiriko

縮毛矯正はデメリットもあるのでしっかり確認してから施術して下さいね!

ママタレントもしている鉄板ヘア

今回ご紹介した髪型は芸能人ママもこぞってしている鉄板ヘアスタイルです。北川景子さん、キンタロー。さん、高橋ユウさん、鈴木亜美さんなど…多くの方が同じような髪型にしています。

この髪型のおすすめポイントは手入れが楽というだけでなく、アレンジ次第でおしゃれに今どきにスタイリングでき点です。

流行りの外ハネボブは簡単にできますし、この髪型に飽きてきたらインナーカラーを入れることによってイメージチェンジも簡単にできます。インナーカラーだったら伸びてきても生え際は気になりません。

私も産後に急にイメチェンしたくて派手ピンクのインナーカラーを入れました(笑)。とってもおしゃれになったのでその時の髪型は今でもい気に入りです。

セルフケアをケチらない!

最後に大切にしていただきたいのがセルフケアをケチらないということです。むしろ課金してください。時間をかけられないならお金をかけるのです。

これは2人目の時に実感しましたが、シャンプーをサロン用に替えるだけで全然髪質が違って驚きました。前述したとおり4ヶ月は美容室にいけません。しかもただの4ヶ月ではなく妊娠や産後の授乳により、栄養という栄養が赤子に取られてく4ヶ月です

髪はいつも異常にパサパサになり、産後の抜け毛もあります。いつものケアでは物足りなくなるので、思い切ってお金をかけてみましょう!ヘアサロンでトリートメントすると思えば高くないと思います

色々と物入りな時期ですが、自分へのケアも忘れずにしてあげてください。結果的に気持ちも明るくなり、赤ちゃんにとってもプラスになりると思います。

持論ですが、お母さんの心身の健康は家族の健康に直結するので自分のケアを後回しにするのは危険ですよ!

まとめ

最後にこの記事でお伝えしたいことをまとめます。

それは”安定期までに黒髪ストレートボブ(前髪なし)を目指すということです。妊娠中も出産後も気が休まる時がないくらい忙しく、気苦労も多い生活になると思います。

しかし、その中でもいらぬ手間を省いて楽しい育児ライフを送ってください。育児は大変なことも多いけれど楽しいこともたくさんあります。その時々で楽しんだもの勝ちです。おしゃれも育児も楽しめるといいですね!

おすすめの記事はこちらです。あわせてご覧ください♪

あわせて読みたい
出産後もキレイでいたい!髪の毛に関するマイナートラブル。 こんにちはkirikoです。今回は産後のヘアケア問題についてクローズアップしてみたいと思います。 髪の毛に関するマイナートラブルはどんなものがあるのか。またそんなト...
あわせて読みたい
ママになってからの美容室。いつから行けるの?気をつける点は? このブログを見てくださっている人はどのような人なのでしょう。出産を控えている人ですか?それともすでに出産して美容室へ行きたいけど、なかなか難しい…と思い悩んで...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

横浜在住の主婦です。子供2人とよく横浜・みなとみらい地区をブラブラしています。引っ越してきて横浜が大好きになりました。ぜひ多くの人に横浜に来てほしい!と考え、blogで発信しています。皆様にとって有益な情報が発信できるように頑張りますので宜しくお願いします♪

もくじ
閉じる