DADWAY PLAY STUDIOで3歳児と0歳児が遊び尽くす!@横浜

こんにちは!もうすぐ1歳と3歳になる2児の母KIRIKOです。

今回は横浜駅直結ベイクウォーターにある子供向け屋内施設「DADWAY PLAY STUDIO」についての体験レポートです。

楽しすぎて大泣きしながら帰宅した息子お気に入りの施設です。

気になってる…。という人はぜひ参考にしてください♪

もくじ

ベイクウォーターについて

ベイクウォーター
住所:〒221-0056 横浜市神奈川区金港町1-10 
電話: 045-577-8123
営業時間:ショップ 11:00〜20:00
     レストラン 11:00〜23:00(一部 7:00〜)
     キッズステーション 10:00〜19:00

ベイクウォーターは横浜駅直結のショッピングモールです。

海に面していてとってもおしゃれですが、こちらは子連れやペット連れに優しいモールです。

授乳室や親子休憩室、子供トイレなど子供連れにありがたい設備が盛りだくさん。

下記の記事でも紹介していますが、赤ちゃんがちょっと休憩するフリースペースもあります。

あわせて読みたい
無料でいいの!?横浜駅にあるハイハイスペース3選! 子供とのお出かけって親もストレスが溜まりますが、子供にとってもストレスが溜まりやすいそうです。ぐずってしまったり、店内を走り回ってしまったり経験は有りません...

今回はこちらで紹介したフリースペースの向かいにある有料スタジオ「DADWAY PLAY STUDIO」のご紹介です。

アクセス

電車の場合

ベイクウォーター電車の場合

横浜駅きた東口Aからベイクォーターウォークで徒歩3分
横浜駅東口からポルタ、そごう2F経由で徒歩7分
新高島駅からみなとみらい大橋経由で徒歩9分
横浜ベイクォーターへは、横浜駅「きた東口」からのお越しが便利です!

各線の改札口
【JR各線】北改札
【京急線】北改札
【東急東横線・みなとみらい線】正面改札
相鉄線、横浜市営地下鉄ブルーラインをご利用の方は、横浜駅東口(そごう)方面へお進みください。

車の場合

ベイクウォーター車の場合

一般道路
みなとみらい大橋を東京方面に向かい、東出入口からの入庫となります。

高速道路
首都高速横羽線「みなとみらい」出口より約2Km。
※周辺道路の混雑状況により、北出入口からの入出庫を制限させていただく場合があります。

お帰りの際
北出口の前面道路(ギャラリーロード)は大変混雑します。
東出口から出庫された場合は、1つ目の信号(ポートサイド中央交差点)を直進してください。
東京・川崎方面へお帰りの方は、栄町交差点を「品川・川崎」方面へ直進してください。
高島・横須賀方面へお帰りの方は、栄町交差点を「高島」方面へ左折してください。

DADWAY PLAY STUDIOってどんなところ?

プレイスタジオ

「DADWAY PLAY STUDIO」とはダッドウェイが企画から運営まで手がけるベビー・キッズ向けの室内遊び場です。

コンセプトは「こどもと、こども心を育む場所。みんなでつながるスタジオ。」

生後6ヶ月~18ヶ月(1才半まで)と、1才半以上~7才までのお子様が自由に遊べるスペースを分け、それぞれの年齢にあった空間を提供しています。

特に1才以上のフロアでは世界中から選りすぐりの木製玩具や大型遊具を体験できる室内遊び場になっています。

利用料金

利用料金

有名な”キドキド”と比較すると?

遊び方は?

子供用屋内遊びスペースだと”キドキド”が有名ですよね。みなとみらいにもあります。

ダッドウェイプレイスタジオはおもちゃをメインに遊ぶ施設です。特に木製の輸入おもちゃが豊富に取り揃えています。流行りの「木育」にもぴったりの施設です。特にレールトイやおままごとなどで遊ぶことが出来ます。

それに比べてキドキドは思いっきりからだを動かして遊べる室内あそび場です。子どもの成長について専門の学習をしているプレイリーダーがいるので多様な遊びをすることが出来ます。

それぞれコンセプトの違う施設です。ダッドウェイプレイスタジオの方が考えて遊ぶ”知育”の側面が強いような感じがしました。

あまり知られていないのか、休日にいっても数組しかいないことが多くゆったり遊ぶことが出来ました。

利用料金は?

そちらと比べると”最初の30分”はこちらの方が安いです。

しかし延長料金や1DAYパスで比べるとややキドキドの方が安いです。

kiriko

キドキド(平日)は…
最初の30分:子供¥700/大人¥600
延長(10分):子供¥100/大人無料

【大人+1人+子供2人で平日に遊んだ場合】

1時間だとダッドウェイプレイスタジオは¥2,330/キドキドは¥2,600です。

1時間半だとダッドウェイプレイスタジオ¥3,210/キドキドは¥3,200で差が無くなります。

土日だと朝パスが一番お得なのでぜひ開店時間から行ってみてください♪

さぁ、あそんでみましょう!

受付をして荷物はロッカーへ。

着いたらまずは受付をしましょう。利用時間を伝え、会計を最初に済ませます。

終了時刻を書いたシールを貰えるので子供の背中に貼ります。

大人は首から下げるネームプレートを貰えるのでそれを首にかけて遊びます。

ベビーカーで来店した場合は鍵をもらえるので、プレイスタジオの側面の壁に備え付けられているベビーカー置き場のチェーンで固定しておきます。

荷物は持って入ると邪魔なので無料ロッカーに預けましょう。

年齢に合わせて分けられているプレイスペース

スタジオイメージ
オープン当初の施設イメージです。現在はおもちゃの配置が変わっています。

ダッドウェイプレイスタジオは0~2歳と、3歳以上のお子さまが自由に遊べるスペースを分けているので、小さな赤ちゃんも安心です。

私達は今回もうすぐ3歳になる長男が一緒だった為、ベビースペースではなくキッズスペースの方で遊びました。

大きな遊具は実はすべり台ではない!

大物遊具
 

インパクトの大きいこちらの遊具はすべり台ではありません。階段で登ってはしごで降りる遊具です。

結構高いので息子は少し怖かったみたいですが、隙間も小さいですしはしごの部分にも分厚いマットが敷かれているので安全性も高い遊具です。

しかし息子には刺激が少なかったのか、一度登っただけで他の遊びをしてました。

すべり台の方が楽しめたかも…。

おままごとセットがとても充実!

木でできているおままごとセットがとても充実していました。

こちらの蛇口、コンロ、電子レンジが着いているままごと台が3〜4つあって子供同士で取り合いすることもありません。

肝心の食材達もごらんの通り。木でできた食材がズラーーーーーっと並んでいます。

ハンバーグだけで何種類かあり、ホットドックやハンバーガーも作れたりします。お寿司や牛乳もありましたよ!

お買い物カゴもあったのでショピングごっこをするだけでも楽しめそうですよね!

男の子でもごらんの通り思いっきり楽しんでました!

息子はその後お店屋さんごっこをしていました。0歳の弟も一緒に楽しんでいます。

こちらのカウンターもおしゃれでかわいいですね!

BRIOのレールトイにのめり込む!

「木育+レールトイ=BRIO」という程有名なおもちゃですよね。

実際に揃えようとおもうと結構良いお値段になってしまうのでなかなか購入に踏み込むことが出来ません。

しかしここなら思う存分BRIOのレールトイで遊ぶことが出来ます!

磁石で連結するので最初は難しそうにしてましたが、理屈がわかってくると1人でモクモクと遊んでました!

たくさんのパーツがあるので何人かの子どもがそれぞれレールをくっつけて遊んでいても狭いとなることはありませんでしたよ!

キッズスペースにあるベビーエリア

小さい子ども用のベビーエリアもあります。

こちらはハイハイしても足が痛くならないように人工芝のマットが敷いてあります。

周囲を囲んでいるバリケードはタワシや鏡などが埋め込まれており、感覚遊びが楽しめるようになっています。

おもちゃも0歳児が楽しめるおもちゃが取り揃えてあります。

実際にダッドウェイで購入できるおもちゃなので、気に入ったものがあったら隣の店舗で購入することも出来ます。

特に音を慣らして遊べるおもちゃが豊富に取り揃えてありました!

一緒に入っていた長男もとても楽しんでいました。

絵本やお絵描きも楽しめる!

施設の奥の方には絵本やお絵描きを楽しめるスペースもあります。

絵本は年齢別に分けられており、楽しい仕掛け絵本などたくさんありましたよ!

そして個人的にはここにおいてあったクレヨンに感動!手が全然汚れないし、書きやすいし、小さい子でも持ちやすい!(クレヨンで家中が汚れるのが最近悩みだった…)

すぐにググって購入しました!笑

「ベビーコロール 」という商品らしく、科学的に安全な材料を選び抜いて使用しているので、お子様が舐めてしまっても大丈夫!持ちやすくていろいろ遊べる、こどもが初めて使うクレヨン。

子供たちを生み育てやすいデザインの顕彰制度「第5回キッズデザイン賞」の金賞でもある「経済産業大臣賞」に選ばれてます!

たくさんの商品を試せるのがこちらの施設のいいところですね!

朝パス使って2時間遊び尽くして大満足!

この日は2時間遊び尽くしました!

長男はもちろん次男もずっとハイテンションで遊んでいてママはビックリ!

いつもならお昼寝するのに…。

帰りに水分補給をしてベビーカーに乗せたらすぐに寝てしまいました。

お疲れ様でした。楽しめたようでママも満足です!

まとめ〜自宅では出来ない木育を体験できて大満足〜

我が家はここのプレイスタジオを利用するのは5回目くらいです。長男が6ヶ月ぐらいの時から愛用させていただいております。

なぜこんなに愛用しているかというと、やはり家にはないおもちゃで思う存分遊ぶことができるのが大きいです。

”キドキド”のように身体をつかって遊ぶことも大切ですが、我が家は色んな公園で遊んでいるのとまだ小さいので身体より手先を使った遊びをしてほしいとの思いからこちらを利用することが多いです。

なかなか家では揃えることができない木のおもちゃで思う存分遊べるのは素敵ですよね!

ちなみに木育とは、子どもをはじめとするすべての人々が『木とふれあい、木に学び、木と生きる』取り組みであり、子どもの頃から木を身近に使っていくことを通じて、人と、木や森との関わりを主体的に考えられる豊かな心を育むことです。

どうしても自分で買うおもちゃは安価なプラスチック製のおもちゃなので、木のぬくもりを感じられるのは貴重な体験なのです。

気に入った商品はダッドウェイで購入できる!

こちらの施設を運営しているのは子育て用品を輸入・販売している会社です。

見たことがあるブランドもあるのではないでしょうか?

特にエルゴの抱っこ紐Sassyなどは人気でよく目にします。

コンセプトはお父さんの育児を、面白く楽しくするような商品や企画を提案し、お父さんの育児参加を積極的に促していくことです。

私が訪れたこの日も私以外の親子はお父さんでした!!帰る時に気がついてビックリ!

プレイスタジオで気に入った商品があれば隣の店舗で購入することも出来ますし、オンラインストアで購入する事もできます。

ただオンラインストアで購入した方が絶対にお得です!ダッドウェイ公式サイトはこちら

新規会員登録で500円分のポイントがゲットでき、レビュー投稿でさらに50ポイントがてにはいります!

ポイントはいつでもいつでも 5%ポイント還元されますが、8がつく日(8日,18日,28日)は10%ポイント還元 (ポイント2倍)です!(8のつく日はパパの日DADDAY!)

商品ライナップもオンラインストアの方が豊富なのでプレイスタジオで気に入ったおもちゃがあればぜひオンラインストアでもチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

横浜在住の主婦です。子供2人とよく横浜・みなとみらい地区をブラブラしています。引っ越してきて横浜が大好きになりました。ぜひ多くの人に横浜に来てほしい!と考え、blogで発信しています。皆様にとって有益な情報が発信できるように頑張りますので宜しくお願いします♪

もくじ
閉じる